公開シンポジウム「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」

概要 

日時 平成28年6月27日(月)、28日(火)(2日間) ※開場は9:30予定。
場所 日本学術会議  講堂 (〒106-8555  東京都港区六本木 7-22-34)
募集人数 要望がたくさんありましたので、希望セッション数への制限をはずし、法定上の制限を超えたセッションについてのみ、抽選とさせていただきます。なお、ご参加いただけるセッションについては、6月22日に本ウェブサイトにてお知らせいたします。
既に4セッションまでの制約つきでお申し込みいただいた方については、自動的に全セッションへのエントリー読みかえとさせていただきますので、再度ご応募いただく必要ございません。
募集を締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。
お申し込みは終了しました

主催 主 催:日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同 フロンティア人工物分科会
後 援:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、 株式会社フジテレビジョン、株式会社TBSテレビ、読売新聞社、株式会社日本経済新聞社、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC) 、一般財団法人日本航空宇宙学会、その他、全国紙新聞各社(予定)

プログラム 

●6月27日(月)
10:00-10:05 開会挨拶 川口淳一郎
10:05-10:15 開催趣旨説明「シンポジウムの目指すもの」

川口淳一郎

10:15-11:30 「美とアート」

井川陽次郎(読売新聞論説委員(モデレーター))
松居エリ(デザイン・クリエイター)
木本圭子(CGアーチスト)
久保友香(シンデレラテクノロジー研究者)

特設サイト
http://ged1959.github.io/biart/

11:35-12:50 「アーカイブ論」

天日隆彦(読売新聞論説委員(モデレーター))
立花隆(評論家)
長尾真(国際高等研究所所長、元国立国会図書館館長、元京大総長)
吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長)

12:55-14:10 「情報技術と生命操作技術の拡大による「人類観」の変容」

神里達博(朝日新聞客員論説委員、千葉大学教授(モデレーター))
北野宏明(ソニーコンピュータサイエンス研究所取締役社長、所長)
伊勢田哲治(京都大学文学部准教授)

14:15-15:30 「ロボットは人間に代われるか?~介護と廃炉現場で見えたもの」

齋藤泉(TBSテレビ報道局解説委員(モデレーター))
淺間一(東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻教授)
入江徹(オリックス・リビング企画部広報課長)

15:35-16:50 「科学と政治、行政の距離」

大牟田透(朝日新聞論説委員(モデレーター))
安岡善文(東京大学名誉教授、外務省科学技術外交推進会議委員(環境学))
小山田和仁(政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センタープログラムマネージャー補佐(政策デザイン領域))

16:55-18:00 「地球外生物(1) 」 「人知は神の摂理(生命) を超えられるか。」

寺門和夫(科学ジャーナリスト(モデレーター))
木村大治(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
高井研(国立研究開発法人海洋研究開発機構深海・地殻内生物圏研究分野分野長)

●6月28日 (火)
10:00-10:05 「学術会議のフロンティアへの取組み」(仮題)

向井千秋(日本学術会議副会長・第二部会員、フロンティア人工物分科会委員)

10:05-11:20 「人工知能 自動運転と未来社会」

吉田典之(読売新聞論説委員(モデレーター) )
松原仁(公立はこだて未来大学複雑系知能学科教授)
谷口恒(ZMP 社長)

11:25-12:40 「文系廃止論騒動」 ~理系偏重か?文系支配か?~

滝順一(日本経済新聞社編集局経済解説部編集委員(モデレーター))
村上陽一郎(東京大学、国際基督教大学名誉教授)
元村有希子(毎日新聞社編集編成局デジタル報道センター編集委員)

12:40-13:10 (休憩)
13:10-14:25 「イノベーション、科学技術と教育」

鈴木款(株式会社フジテレビジョン解説編集部シニアコメンテーター(モデレーター) )
下村博文(自由民主党総裁特別補佐 兼 特命担当副幹事長)
安宅和人(ヤフー株式会社CSO(チーフストラテジーオフィサー) )

14:30-15:45 「アートとしての数学」

辻村達哉(一般社団法人共同通信社論説委員(モデレーター))
合原一幸(東京大学生産技術研究所教授)
伊藤 聡(大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所副所長)

15:50-17:05 「地球外資源」

川口淳一郎 (国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授・シニアフェロー(モデレーター) )
青木節子(慶應義塾大学大学院法務研究科教授)
宮本英昭(東京大学総合研究博物館准教授)

17:10-17:55 「地球外生物(2) 」「我々自身が、alien である。〜 進化が起こすメッセージとは?」

観山正見(広島大学学長室特任教授(モデレーター))
斎藤成也(国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門教授)

17:55-18:00 閉会挨拶、閉会

※プログラムは変更となる場合がございます。

お問い合わせ 

公開シンポジウム「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」事務局
担当:安田 TEL: 050-3362-3960 FAX: 042-759-8322 E-mail:
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) シニアフェロー室